多能工の仕事

単能工から多能工へ

多能工多能工という仕事は多くの(職種)能力を有する職人のことです。

 1つの工事事例を例に簡単にご紹介いたします。

 ある既存建物に開口をあけてドアを取り付ける仕事があるといたします。
 そこには、例え小さな工事でも開口をあける解体業者、開口補強の鉄鋼所、新規ドア取り付けのサッシュ会社、外壁復旧の左官又  サイディングであれば外壁の会社、内装復旧の内装業とクロス業、コーキング業者、高さがあるのであれば足場業者も必要になるかも知れません。

 ここまで7業種から10業種必要です。たとえ1業種1人で半日で終わったとしても7人工~10人工必要になります。
 多能工は1人で2~3業種できますので、この工事例ですと職人の組み合わせで3人工~5人工程度で終わる事が出来ます。

 今まで工程表を作成し職人を入れるまでの打ち合わせ、スケジュール管理、発注先の選択、途中経過の確認等に労力を費やしていたとが1社で簡単に行うことができます。

 そして1社の仕事なので工期の短縮が可能です。

 ぜひ お客様のコストダウンにご協力させてください。
 また、特殊な加工、製作物、どの業種、どの会社に発注すればいいのか不明確な業種など是非ご相談ください。

 当社で、出来る方法を考えて製作または施工いたします。

代表取締役 佐藤 剛